動物看護士のリアルな声!働く前と後で変わったこととは!?

 

 

動物看護士として7年勤めていた仲地 亜由美さんに、働く前と後で変わったことや、動物看護士を目指す学生へ向けてのアドバイスを聞いてみました!

 

 

動物看護士時代のお話を聞いてみた

動物病院に勤める前で思っていたこと

 

動物病院に勤める、ということは、土日は出勤、低収入、人間関係が大変、早くに転職する、ことを覚悟の上、勤めなければならないと想像していました。

これらは全て、ネットの情報や、実習に行った病院の先輩のお話しなどから自分の中に作られた、動物看護師のイメージだった為、勤めてみなければ分からない、と思いつつも、正直なところ、不安や迷いもありました

 

しかし、奨学金を利用して学費を支払ってまで、勉強をしに来たのだから、ここで諦めるわけにはいかない。

なによりも、動物看護師になろうと決めたきっかけである愛犬に誓った、「この子に何かあったら、自分が支えてあげる」という約束を果たしたいという気持ちから、

見えない不安を抱えていても仕方ない。取り敢えず前に踏み出して、壁にぶち当たったらその時また考えよう!

という、楽観的な気持ちに切り替えて、動物病院の看護師になることを決意しました。

 

 

勤めた後に思ったこと

 

5箇所以上の動物病院に実習へ行き、小規模から大規模の病院を見て決めた場所は、自宅から通いやすい位置にあった、スタッフが15名ほどの動物病院でした。

その場所に決めた一番の理由は、雰囲気が自分に合っていたこと。

待遇面の悩みはさておき、実習に伺った際に感じた自分自身の直感で、ここに勤めたいと感じました

 

勤め始めて早々、動物病院の春から夏にかけての忙しさを目の当たりにし、あっという間に数ヶ月の時間が経過しました。

その間、迷惑をかけまいと、常に出来ることを探し、たくさんメモを取り、業務を覚えて必死になって仕事をしました。

そして、徐々に仕事を任せて頂けるようになった頃、

私にとってのターニングポイントが来ました

それは、飼い主さんが私の名前を覚えてくださっていたこと

スタッフの人数が多いので、中々覚えにくいと思います。

そんな中、名前を呼んで話しかけてくれた時に、動物看護師として認められた!と、とても嬉しい気持ちになりました。

 

「待遇や定休も大切だけど、それ以上に大切なものがあった。それは、仕事を楽しむ、ということ。

目の前にいる飼い主さんや動物たちのために、1人の動物看護師として自分になにが出来るのか。考え、そして行動する。

その先には、相手の喜んでくれる姿があり、それが自分のやりがいになる

もちろん失敗もあるけど、それは次の成功に繋げていく。私はずっと、この仕事を続けて行きたい!」

 

私は飼い主さんや動物達から、動物看護師として大切なことは何か、を考えるきっかけをいただきました。

そして、もっと立派になって飼い主さんや動物達に恩返しをしていきたい、と、そのきっかけがいつしか、自分にとっての原動力となっていました。

 

 

最後に…

学生に向けて一言お願いします!

 

皆さんは、なぜ、動物看護師に就きたいと思いましたか?

私は、目の前にいる愛犬が年老いて、もしも病気になってしまったら支えてあげたいから。と思い、この道を選びました。

私は動物看護師になって11年経ちましたが、今でも壁にぶつかった時、この初心を振り返る度に、「よし!前に進もう!がんばるぞー!」と、パワーがみなぎって来ます。

今は愛犬は旅立ってしまいましたが、目の前にいる愛犬は、私が出会って来た動物達に姿を変えて、私のことを見ているような気がしています。

 

皆さんそれぞれに、動物看護師に対する想いが必ずあるのではないでしょうか。

その想いは、いつか仕事でつまずいた時に、道の先を記す道標になるはずです。

心の中にそっとしまっておいて欲しいと思います。

そして、私が抱いていた人間関係や待遇面への不安は、再び悩むこともあるかもしれませんが、結局、自分次第だと、私は学びました。

働き方も、周りとの関係性も、自分次第。私達自身で作っていくことが出来ます。

その道中で、思い悩んだ時には、無理せずに、休んだり、誰かに相談しても良いと思います。

そうすれば、必ず明るい未来に続く選択肢が現れるはずです。

 

命を預かる仕事を敢えて選んだことで、辛いこともたくさんありますが、その分、嬉しいこともたくさんあります。

「この仕事に就きたい!」と思った自分自身を信じて、たくさんの動物や飼い主さん達を支えてあげてください!

 

 

プロフィール

 

 

仲地 亜由美さん

シモゾノ学園国際動物専門学校動物看護学科卒業後、千葉県の動物病院へ就職。

7年勤めた後、キャリアを伸ばすために転職。

現在までに動物関連企業で営業や飼い主さんの相談アドバイザーを行う。

企業へ勤める傍ら、2015年に個人で動物看護士相談サイトVT-Linkを開設。

動物看護士さんの相談対応や、講演でのスピーカー、動物病院を対象としたマナーセミナーを開催。

2017年からはアメリカ動物看護師の小川とCVPを立ち上げ、獣医療に携わる方々に向けたウェブセミナーを配信。

「長くやりがいを持って働き続けるために」をコンセプトに活動中。

プライベートでは1歳の男の子のママとして、育児に奮闘中!

 

動物看護士さんのためにサイト 「VT-Link」

http://vt-link.com/

獣医療のプロフェッショナルが集まるコミニティ 「CVP」

http://cvp.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です