【動物病院向け】褒めるだけで終わらせない方法|3分でわかるシリーズ!

 

「私って、この職場に必要な存在なのかな?」

 

転職する人の中には、こんな風に自分の存在価値に疑問を持ち、退職を考えるようになる傾向の人がいます。

私の感覚だと、新入社員とベテランの人に多いように感じますが、皆さんはいかがでしょうか??

自信をなくして、ネガティブな思考になりがちな人、反対に経験年数が上がるにつれて、能力の評価に不満を持つようになる人。

新人教育のポイントとして、私が持っていた技!の一部をご紹介します!

今回は、「褒めるだけで終わらせない」のお話しです!

 

褒めるだけで終わらせないのは、
褒める行為はとても万能で、でも安易に使うと、効果も発揮できず勿体ないことになるから。

①褒める言葉の中にプラスして、私にとってどんな感情が芽生えたか、を合わせて伝える方法。

例えば、
「保定上手くなりましたね!お陰でグルーミング早く終わって助かりました!」
というと、

・自分は役に立った!
・貢献できた!

と、褒められて嬉しいのと同時に、貢献感を感じ、次も頑張ろう!と意欲に繋がります。

②褒める言葉を、間違いを教える時に組み合わせる方法。

例えば、
「手術の準備先にしてくれてありがとうございます!実は器具の種類がこっちだったので、惜しかったです!次は宜しくお願いします!」

プラスの後にマイナスのワードを持ってくるこのプラスマイナス話方は、指摘された、などといった嫌な感情で後味の悪い感じにはなりにくく、何かを注意したい時には効果的な方法です。

難しそう、一々考えるの面倒、、だなんて思っていませんか??

言葉はなんでも良くて、気を使わなくても良いんです!

相手を信じる気持ちと、成長を期待する気持ちを持ち続けること

そしてスタッフ一人一人が、良いところを見つけるプロとなり、習慣にできれば、自然と言葉は浮かんでくるようになるはずです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です