動物看護師として必須!人に「 伝える方法 」とは

 

動物看護師として必須!人に「 伝える方法 」とは

人に伝わらない伝え方とは?=「否定語」です。

子供に「これやらないで」と言うとやる率が1.5倍上がるってご存知でした?

子供に「落ちないで」というと落ちる。大人だって同じ。

赤信号もみんなで渡れば怖くないって言いますよね?笑

 

動物看護師として必須!人に「 伝える方法 」の具体例

動物看護師以外でも使える「 伝える方法 」について、

実際、何て言えばいいのか?正しい言い方の具体例をあげます。

 

動物看護師として必須!人に「 伝える方法 」の具体例:育成本

育児本には「落ちないで!」と言わずに「気をつけてね」と言うと子供は気をつけてね階段を降りれると書いてありました。

熱いストーブを触りそうな子供に「ダメ」ではなく、「危ないよ、熱いよ!」と言う事でなぜダメなのか理解でき、次回に活かせるそうです。

 

動物看護師として必須!人に「 伝える方法 」の具体例:コピーライターの本

コピーライターの本からは「ここに自転車を置かないで下さい」と言わずに、「ここは自転車捨て場です」と言うと人は自転車を置かないそうです。

 

これって同じ事ですよね?!

なんと、育児本に書いてある事がコピーライターが教える伝え方の本に書いてある事と一緒だった!

偶然同じ日に読んでびっくりしました!

 

動物看護師のための人に「 伝える方法 」

動物看護師のための人に「伝える方法」を正しく使う必要があります。

「伝わらないやり方」で相手に伝えようとしてませんか?

「やらないで」ではなく、

「こうやるといいよ」
「こうした方が良いよ」
「こっちをやってくれますか?」

と相手の心に響く、相手のメリットになる提案をしてみましょう!

今日から是非試してみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です